スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「信じるということは、この世とあの世の次元の壁を超えることである」

11.jpg

「信じるということは、この世とあの世の次元の壁を超えることである」ということです。

この世とあの世の次元の壁は、はっきりとあります。

普通の人は、その壁を超えられずにいます。

それを超えるのは、信じるという行為です。

信じるという行為を本当に手にするためには、次元の壁を超えなければならないのです。

次元の壁を超えることは苦しみを伴ないます。

忍耐を伴ないます。

そして、初めて、

この世にあって、この世ならざる人間になるのです。

images[1]

中国民主化への期待


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toth.blog86.fc2.com/tb.php/87-6d912f9d

 BLOG TOP 

プロフィール

パラジウムの錬金術師

Author:パラジウムの錬金術師
(^-^)v
このブログは個人ブログです。

幸福の科学とは直接関係がありません。

FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。