「ロケット戦闘機“秋水”」

昭和20年の日本にロケット戦闘機があったのですね。


本土防衛/秋水HPより


第二次世界大戦時の日本本土防衛の最も重要な課題は、

B29との対決であったが、日本には対抗できる航空機がなかった。

昭和19年7月、ロケット戦闘機の合同研究会が行われ、

ドイツから運んだメッサーシュミットMe163の資料をもとに、

機体は海軍、エンジンは陸軍、製造は三菱航空機の担当で共同開発を行われた。

昭和20年2月、「秋水」を高度一万メートルを速度九百キロで飛行し、

三十ミリ砲二門を装備した「秋水」に対する期待は高かった。

images[9]

横須賀海軍航空隊飛行場で試験飛行が行われたが、

着陸直前に事故を起し搭乗員は殉職した。

結局、終戦までに7機が完成したのみで、

実戦に使用されることはなかった。

images[3]

「秋水」は神奈川県の土中から発見され、

航空自衛隊岐阜基地で保管されていたものを譲り受け、

2001年に三菱名航で復元したものである。

es.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toth.blog86.fc2.com/tb.php/67-9c7932c3

 BLOG TOP 

プロフィール

パラジウムの錬金術師

Author:パラジウムの錬金術師
(^-^)v
このブログは個人ブログです。

幸福の科学とは直接関係がありません。

FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード