スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽が見える丘

やっと、太陽が見える丘を見つけた。

それは丘と言うより、そびえ立つ大きな山だった。

山の頂上は、月が出ていないのに、明るく輝いていた。


僕は、険しい山だとはわかっていたが、無我夢中で昇り始めた。


疲れなど忘れたように。



ようやく、山頂にたどり着き、太陽を始めて見た。

大きな、おおきな、明るく、あかるい、輝いた存在だった。


そして、ある人に再会した。

「この太陽は、あらゆるものを照らし続け、あらゆるものの命を与え続けている。

実は、あなたの中にも、同じ輝きを持った小さな太陽があるのだ。自分の中にあるから見えないだけだ。

いや、実は私にも、あの暗い闇の森にいた人も、山川草木すべてにも、小さな太陽が宿っているのが真実なのだ」。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toth.blog86.fc2.com/tb.php/537-7cd962ec

 BLOG TOP 

プロフィール

パラジウムの錬金術師

Author:パラジウムの錬金術師
(^-^)v
このブログは個人ブログです。

幸福の科学とは直接関係がありません。

FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。