スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーベル平和賞を欠席した17カ国ってどこだ?と思った(劉暁波氏授賞式)

この下記の「抗議一切受け付けません」ブログでは、授賞式をボイコットした各国グルーピングを行っているが


私の感想は、

日本のマスコミの詳細を報道しない姿勢に、疑念を持った。

また、中国は、民意を問う選挙もしない、全体主義。

そして、100年前の古い帝国主義を推し進めようとしているのに

積極的な外交・経済援助・軍事などで、自分のたちの味方につける他の国々を増やしていっている。


しかし、日本の外交は弱腰だ。やはり軍事力の下支えがないからであろう。

ゆえに、日本がリーダー国家として、正しいことを主張できないでいる。


戦争反対で、何もしないでいると、中国がアジアの国を次々と実効支配していきますよ。

だから、幸福実現党は、あえて国防を重点的にうったえているのです。


日本人よ、現実から、目をそむけては、ならない。


転載:

http://focuslights.blog102.fc2.com/blog-entry-270.html

2010年のノーベル平和賞ですが、中国の民主化運動家の劉暁波氏が受賞しました。
これに腹を立てた中国政府が、各国に授賞式のボイコットを呼びかけていました。

ボイコット国として、事前に欠席を表明していた19カ国に未回答の2カ国程度と予想されていました。
が、欠席予定だったセルビアに対しEUが警告を発したこともあり、最終的に17カ国だったようです。

中略:

で、気になったのは、欠席した17カ国の内訳。

日本のニュースメディアでは見つけられなかったので、海外サイトをさがしてみました。

ノーベル平和賞欠席国一覧:BBC NEWS WORLD

中国
キューバ
カザフスタン
ロシア
ベネズエラ
パキスタン
イラク
モロッコ
アフガニスタン
イラン
ベトナム
チュニジア
サウジアラビア
エジブト
スーダン
スリランカ
アルジェリア

なるほど。という顔ぶれでしょうか。
噂されていた、韓国やフィリピン、オーストラリアは出席したようです。

で、BBCの分析を参考に、中国以外の欠席国をグルーピングすると・・・・

・共産主義国(反資本主義国)
キューバ、ロシア、ベネズエラ、エジブト

・中国経済の影響が大きい
カザフスタン、パキスタン、イラク、アフガニスタン、イラン、サウジアラビア、スーダン、スリランカ、アルジェリア

・反体制派の活動家がノーベル賞を受賞することに反対している(自国の反体制派の存在など)
モロッコ、チュニジア、ベトナム

などのようです。

アメリカが占領している国(中東)が欠席に回っているのが面白いな。と思ったfocuslightsでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toth.blog86.fc2.com/tb.php/320-fe7d9758

 BLOG TOP 

プロフィール

パラジウムの錬金術師

Author:パラジウムの錬金術師
(^-^)v
このブログは個人ブログです。

幸福の科学とは直接関係がありません。

FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。