「処刑や収容所送りは日常的」 北朝鮮脱出の元人民軍男性が明かす

こういった言論が、日本の隅々にまで、伝わってほしい。

http://sankei.jp.msn.com/world/korea/101214/kor1012141158002-n1.htm

 ロシアへの亡命を求めながら受け入れられず、韓国に亡命することになった元朝鮮人民軍総参謀部所属の北朝鮮男性(41)は、北朝鮮を脱出した理由について「金正日体制は人々を苦しめる体制。処刑や収容所送りが日常的に行われ、一般市民は十分な食べ物もない飢餓状態。外から状況を変えたいと思った」と共同通信に語った。

 男性の父親がモスクワの北朝鮮大使館勤務だったため、男性は13~17歳を当時のソ連で過ごした。男性は「大半の北朝鮮住民は国外と比べた自国の異常さや、北朝鮮が国外でどう思われているかを知らない」と話す。

 昨年1月に朝鮮人民軍の幹部らが平壌に集められ、金正日総書記の後継者は三男の正恩氏との内部発表があった際にも男性はその場にいたという。(共同)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toth.blog86.fc2.com/tb.php/319-580c24cb

 BLOG TOP 

プロフィール

パラジウムの錬金術師

Author:パラジウムの錬金術師
(^-^)v
このブログは個人ブログです。

幸福の科学とは直接関係がありません。

FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード