中国はウイグルでの宗教弾圧を強化 米国務省、報告書で批判

日本はこういう点で、米国に追いつけていない。宗教の自由を語れる国となれ。

http://sankei.jp.msn.com/world/china/101118/chn1011180937003-n1.htm

2010.11.18 09:36

 【ワシントン=犬塚陽介】米国務省は17日、世界各国の宗教の自由に関する年次報告書(2010年版)を発表した。中国など8カ国を宗教弾圧で「特に懸念のある国」に継続して指定した上で、中国政府は弁護士や活動家の取り締まりを続けており、昨年7月の暴動後から新疆ウイグル自治区での宗教弾圧を強化していると指摘した。

 クリントン国務長官は記者会見で「チベット仏教徒や(政府未承認の)地下教会のキリスト教徒、ウイグルのイスラム教徒が嫌がらせを受けているとの報告がある」と述べ、中国政府を批判した。

 報告書は「(中国では)憲法で通常の宗教活動が保障されているが、当局者は何が通常なのかを幅広く解釈できる」と述べ、宗教的な集会が妨害されたり、違法な宗教活動を理由に逮捕されたりするケースもあるとした。

 特に昨年7月のウイグル暴動後、すでに厳しい制約が課されていたイスラム教徒の宗教活動を著しく制限。チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世を崇拝するチベット人に厳しい制約を加えていると指摘した。

 また、中国が中東や南アジアに滞在する一部のチベット仏教徒やウイグル人のイスラム教徒に対し、宗教活動などを理由に強制的な中国への送還を試みたとの信頼できる情報があると明記した。

 報告書は中国のほか、北朝鮮、ミャンマー、エリトリア、イラン、サウジアラビア、スーダン、ウズベキスタンの計8カ国を信教の自由に関して「特に懸念のある国」に指定した。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toth.blog86.fc2.com/tb.php/305-66a762e5

 BLOG TOP 

プロフィール

パラジウムの錬金術師

Author:パラジウムの錬金術師
(^-^)v
このブログは個人ブログです。

幸福の科学とは直接関係がありません。

FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード