スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が、なぜ(沖縄知事選に)出馬することになったのか

金城タツローの幸福維新より
http://ishin0507.ti-da.net/

2010年10月31日

『この国を守る責任』講演会でのご挨拶


※大川隆法総裁那覇講演会『この国を守る責任』にてご挨拶をさせていただきました。


私が、なぜ出馬することになったのか、

何度かお話させていただいておりますが、

今一度、それを確認させていただきます。

1点目は、仲井真さんと伊波さん、

二人だけでは「政治選択の自由」が確保できないということです。

二人とも県外移設を訴えて、同じことを言っています。

「アメリカ兵、出て行け」と言っています。

そう言っている沖縄人だけが

候補者ではないということを示すためであります。




2点目は、

二人のどちらが知事になっても、

沖縄の植民地化は避けられないということです。

毎日毎日、

新聞では「一騎打ち」「一騎打ち」と流れています。

「第三極擁立ならず」と新聞には書かれています。

しかし、私は第三局として出馬を決意したのです。

そのことをみなさんにお伝えいただきたい。

そう報道される理由を私も考えたのですが、

「二人のどちらが沖縄県民の民意を尊重しているか」という、

競争をしているように思います。

しかし、その「民意」の中に少なからず刷り込みが入っている。

「刷り込み」と「同調圧力」が入っている。

この二つから沖縄県民の皆様を解放しなければいけません。




ある知り合いのおばさんに、

「あんたまた選挙に出ると思ったよ」と言われました。

そして、普天間の話をすると、

「そうよね、県外にしないといけないよね」と言われました。

これが刷り込みです。

このおばさんと二時間話したら、

最後に「絶対に県内にしなければだめよね」と言っていました。

宮古島には私の伯父さんがいますが、

「タツロー、お前は自衛隊配備どう思っているんだ」

と聞かれました。

私が「下地島に配備したい」と言うと、

「俺もそう思う」と答えてくれました。

しかし伯父さんは、議会で「自衛隊配備しよう」と言おうとしたら、

「お前、村八分にされるからやめとけ」と言われたそうです。

これが同調圧力です。




私は、アジアに真実を伝えて、

どうすれば沖縄県民を守れるかを訴えたい。

沖縄県民がアジアの平和に貢献していると述べていきたいのです。




少し前の話ですが、岡田外相が

イ・ミョンバク首相と話をし、

鳩山首相と会ってほしいと言った時に、

「鳩山のようなわが国の国防の柱を放棄するような人物とは会いたくない」

と言われたそうです。

沖縄への米軍駐留は、

韓国にとっては国防の大きな柱の一つだった。

「それをなくすような人間と誰が会うか」と言われたのです。




こんなことではいけません。

私は、普天間を辺野古に移設して、

抑止力を確立したいと思います。

国防の柱を打ち立てる、

誇りあるウチナーンチュとして活動していこうではありませんか!



金城タツロー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toth.blog86.fc2.com/tb.php/296-7eb3531c

 BLOG TOP 

プロフィール

パラジウムの錬金術師

Author:パラジウムの錬金術師
(^-^)v
このブログは個人ブログです。

幸福の科学とは直接関係がありません。

FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。