中国が変化球「尖閣領有権棚上げ」を打診

この棚上げは、おそらく一時的なものだろう。
日本は、欧米の世論に、一時的に救われたのかもしれないが、
中国が、東南アジアを中華圏にする野望を捨てたわけでもあるまい。

また、アメリカは、今後経済的衰退による軍事力縮小があると考えて
日本独自で、防衛する体制も着々と整えなければならない。

政治に無関心だった女性が、「中国怖い」と安全保障に関心を持ったとの
ことだが、これも喉元を過ぎれば忘れるのである。

ゆえに、日本の未来に責任ある立場にいる者は
情けない日本の世論に、迎合することなく、勇気ある決断をしてほしいものだ。


 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成22年(2010)10月21日(木曜日)貳
       通巻3108号  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 尖閣「領有権」の棚上げを中国が打診。尖閣衝突、反日デモをまずいと総括したのか
  米国でわき上がる反中感情と日米同盟強化ムードに慌てる
*************************************

 11月、横浜で開催されるAPECにオバマ大統領が来日し、日米安保条約五十年を記念する「共同声明」が発表される見通しである。
胡錦濤が横でみているときに日中関係が冷却化するわけだ!

 つい先般まで普天間基地の移転問題で、日米は衝突し、鳩山ならびに菅直人政権への不信感と不安が増大して日米関係はささくれ立っていた。
 尖閣と反日デモで、すっかり空気が変わった。

 中国は「日米同盟に亀裂がはいるのは中国の国益、喜ばしい限り」と内心で計算していた。春から夏にかけて、会う人ごとにそう言っていた。
日本のトップが国家安全保障とか領土問題で、小学生ていどの認識しか持ち合わせず、東シナ海のガス田採掘でも「友愛の海」とか「共同開発」とかの寝言を言っている裡に、さっさと既成事実をつみあげていた。
 
 尖閣衝突、反日デモが、この構造を転換させた。
 反中感情が日本でわき出した。健全なナショナリズムが回復し、いままで政治に無関心だった女性の多くが安全保障に関心をもちはじめ、日米安保条約の対象に尖閣諸島がはいるとする米国の発言に安堵し、日米安保条約による同盟は、ますます強化される方向へ舵が切り替わったのだ。
 中国にとって、これは「想定外」のシナリオである。

 「尖閣衝突以後、日本には長期戦略確立への姿勢が顕著となり日米同盟は強化されるという新安保宣言が謳われるだろう」とリチャード・ブッシュ(ブルッキングス研究所アジアセンター主任)は言った。
「それまでは普天間をめぐって日米関係は“ダーク・スワン状況”(Dark Swan Situation)だったのだから」。
 「これからの日米関係は米中関係の補完関数」ともいわれた。


 ▲日米同盟の強化論がふたたび主流の論議に

 米国務省スポークスマンのマーク・トナーは「安保再改定が議論されている段階ではないが、新宣言により日米関係は、より強固な方向になるだろう」と見通しを述べた。
 
 日本では尖閣問題で「抗議決議」を国会がおこなうべきだとして自民党が動き、在野の防衛論は沖縄に自衛隊をとする提唱から、尖閣に護衛艦派遣、陸上自衛隊常駐、石垣に航空自衛隊常駐論に発展、また菅政権としても「思いやり予算」増額を認める方向。

 「日本は国益に照らして日米関係強化の道を歩むだろうが、かといって日中関係の悪化をのぞまず、とくに経済関係はさらに発展させる方向に進むだろう。日本は経済の停滞と高齢化社会により再びGDP大国になる可能性は薄く、一方的な日米中関係構造の変更をのぞんではいまい」(ケン・リーベンタール「ブルッキングス中国研究センター」主任)。

 オバマ政権は中間選挙に敗北色濃く、いまの米国は「アンチ中国」で覆い尽くされ、テレビ・コマーシャルは「失業増はチャイナ(が原因)」「不況はチャイナ(が原因)」というスポットがどの局にも流れている。

人民元切り上げをのまない中国にもあきれかえって、微温的対中政策をすすめるオバマ政権は苦境に立っている。
 米国でわき上がった反中感情と日米同盟強化ムードに中国はすっかり慌てた。

 こうみてくると、中国は突如態度を軟化させ、「尖閣棚上げ」を言い出したことにも納得がいく。
 尖閣の「領有権」議論だけを棚上げしようとするのは常套手段で、日本を油断させるのが目的だが、ノーベル平和賞をめぐって世界に孤立した中国側から打診してきたのも、よほど尖閣衝突と反日デモがまずい結果を産んだと総括したのかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toth.blog86.fc2.com/tb.php/281-f88cd10e

 BLOG TOP 

プロフィール

パラジウムの錬金術師

Author:パラジウムの錬金術師
(^-^)v
このブログは個人ブログです。

幸福の科学とは直接関係がありません。

FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード