スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、沖縄に軍事基地があるのか!?

今回でわかったでしょう。

ベルリンの壁が崩れてからも、沖縄に軍事基地がある理由が。

秋山真之霊の霊言より抜粋

仮に、イラン問題で緊張が高まった場合には、中国は必ず動き出すでありましょう。

アメリカは東南アジアどころではなくなるので、中国はこの機に、一気に日本を取ろうとします。

もう一つの可能性としては、北朝鮮と連動して日本を取ろうとすることです。

北朝鮮も日本には怨念を持っています。日本の経済力を奪いたいと思っています。

北朝鮮のミサイルが来た場合には、海岸線が広い日本は、どこを守ればよいか対応に困るでしょう。

イスラム圏の危機が遠ざかれば、日本の危機は延びる可能性はあるが、いずれにしても、遅かれ早かれ、中国・北朝鮮は日本を取ろうとしていることに、日本人はもう気がつかなければならない。


http://www.gikai.city.naha.okinawa.jp/decision/2010-0921/ketugi01.html

尖閣諸島海域における中国漁船領海侵犯に関する抗議決議

 去る9月7日午前、尖閣諸島の久場島沖の日本領海内において、違法操業をしていた中国漁船が、停船を命じた第11管区海上保安本部の巡視船に衝突をさせ、海上保安官の職務を妨害するという由々しき事態が発生した。
 尖閣諸島は、日本政府が明治28年に沖縄県への所轄決定をして以来、かつお節工場を操業し、漁業や林業を営んだ経緯がある。昭和35年に中国政府が発行した「外国地名手冊」には、明確に日本領と記されている。
 このように、歴史的にも、国際法上も「尖閣諸島」が我が国固有の領土であることは明白である。
 しかしながら、当該周辺海域においては、今年8月中旬に、1日で最大270隻の中国漁船が確認され、そのうち日本の領海内に70隻程度が侵入している。本市・本県の漁業者はもとより、我が国の漁業者が安心して操業できないという極めて憂慮すべき看過できない事態となっている。
 よって、本市議会は、貴国漁船による領海侵犯並びに公務執行妨害に対し、強く抗議し、今後、このようなことがないよう強く要請する。

 以上、決議する。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toth.blog86.fc2.com/tb.php/264-d67e636c

 BLOG TOP 

プロフィール

パラジウムの錬金術師

Author:パラジウムの錬金術師
(^-^)v
このブログは個人ブログです。

幸福の科学とは直接関係がありません。

FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。