「燃料電池車とデカリンハイウェイ構想」

FCX.jpg

燃料電池車が大衆商品になるためには

大きな問題だけでも、

触媒のコストの問題

動作温度の問題

水の管理の問題

燃料改質による硫黄被毒の問題

などがある。

そして、水素をどうやって得るのか。

ガソリン改質は、トータルのエネルギー効率で見て、ディーゼルエンジンよりずっと劣る。

メタノール改質は、最大の問題は供給設備。メタノールを供給できるスタンドはほとんどない。

北大触媒科学センター市川勝教授は、「メタン直接改質技術」を開発した。

従来のガス改質法は、メタンを高温で蒸し焼きにして水素を分離するもの。

メタン直接改質技術は、ゼオライトという鉱物を使って、メタンから直接はぎ取る。

これによって、従来の改質法の数分の一のコストで水素をとり出すことが可能となった。

この技術は、水素を貯蔵することに有利である。

天然ガス、バイオガス、廃棄物から出るメタンを、ゼオライト触媒によって液体のベンゼン、ナフタレンにし、太陽光や風力発電によって電気分解して、水素を積ませて、シンクロへキサン、デカリンの液体にする。これをタンクローリーに運んで運び、燃料電池車に入れる。液体なので、ガソリンスタンドの設備が使える。

デカリンは有機ハイドライドと呼ばれ、水素運搬体としての優位性がある。水素の出し入れに必要なエネルギーが少ない。軽い。液体状で扱いやすい。蒸発しない。性状が灯油と同じでインフラの面でも問題がない。シンクロへキサンはそのままでディーゼルエンジンの燃料にもなる。


日本発の水素インフラ構想「デカリンハイウェイ」になればよい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toth.blog86.fc2.com/tb.php/22-c4a66cd9

 BLOG TOP 

プロフィール

パラジウムの錬金術師

Author:パラジウムの錬金術師
(^-^)v
このブログは個人ブログです。

幸福の科学とは直接関係がありません。

FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード