スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国:シェークスピアの故郷、UFO出現で数百人が騒然

http://www.epochtimes.jp/jp/2007/07/print/prt_d91389.html

m62684[1]
百人以上が目撃したUFO出現した英紙「デーリー・メール」のサイト記事

【大紀元日本7月27日】

英デーリー・メール24日報道によると、劇作家シェークスピアの故郷ウォリックシャー州北西部の町ストラトフォード・アポン・エイボンの上空に、7月21日午後10時半ごろ、5つの未確認飛行物体(UFO)が現れ、数百人の住民が目撃したという。UFO研究団体によると、数百人が同時にUFOを目撃することは極めて少ないことから、英国防省も同件についてコメントを出さざるを得なかったという。

 報道によると、5つのUFOは「Y」字の形になって緩やかに夜空を移動し、後尾の1機は他の4機と一定の距離を保ちながら移動していたという。同日夜は、星がなかったため、5つのUFOは特に光って目立ったという。

 UFOは30分ほど経過してから、徐々に地平線へ移動し、やがて人々の視野から消えた。情報筋によると、町から少し離れた一部の地区でも5つのUFOを見かけたという。

 目撃者によると、町全体がUFOの出現によってすべての活動が止まってしまい、数百人が5つのUFOの動きに注目していたという。神秘飛行物体研究団体によると、エイボン川沿いのストラトフォードにUFOの光が現れてから、同団体に百人近い住民からの電話が殺到したという。団体の者は、数百人が同時にUFOを目撃することは極めて珍しいことだという。

 一部の目撃者は、UFOの移動速度、変わった動き方は人々の熟知するものではないとし、UFOは静かに知らない内に出現し消失したことから、人々はこれらの飛行物体は別の世界から来たものだと疑わざるを得なかったという。

 一方、付近の空港管理責任者は「それらは決して、我々の飛行機ではない。我々の飛行機はこの季節では夜の飛行は絶対にしないからだ」と指摘した。

 また、英国防省も今回のUFO事件に驚かされた。国防省スポークスマンは「国防省はこれまでに未確認飛行物体、空飛ぶ円盤などについての研究は行ったことがなく、地球以外の生命についての知識や理解も少ないが、我々は今回のUFO事件に対して、観念を持たずに対応したい」とコメントした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toth.blog86.fc2.com/tb.php/185-36e22529

 BLOG TOP 

プロフィール

パラジウムの錬金術師

Author:パラジウムの錬金術師
(^-^)v
このブログは個人ブログです。

幸福の科学とは直接関係がありません。

FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。