「危機に立つ日本から」より、「財政的に苦しいから増税が要る」という詭弁に騙されるな!

images[2]

今、日本では、大部分の会社が赤字企業になっています。

これを救わなければなりません。

今は景気の回復が第一です。やや持ち直しているようにも見えますが、これは一時的な現象であり、

本格的な考え方に基づいて、きっちりとレールを敷かなければ、もう一回、長期不況に入る可能性があるのです。

これは、自民党政権においても可能性がありますし、民主党政権においては非常に濃厚に起きてくる現象だと思います。

彼らの政策を見るかぎり、今度、どちらが政権を担ったとしても、例えば、消費税というものを取れば、税率が最大で25%に向かっていくのは火を見るよりも明らかです。

どちらの政党の政府においても、おそらく、そちらの方向に向かっていくと思います。

しかし、その理由の説明のなかには嘘があるから、私は怒っているのです。

単に、「どんな努力しても財政が黒字にならないから、消費税率を上げたい」と考えているだけではないのです。

国民からの年金の積立金と称して集めていたものを、現実には、国民が老後に年金として受け取る前に、政府の人たちが、「税金だ」と思って、かなりの部分を使っていました。そして、その穴埋めをするために増税しようとしているのです。

だから、「許せない」と言っているわけです。

その事実を、はっきりと国民の前で明らかにし、誤るべきです。

ところが、嘘に嘘を塗り重ねて、さらに、「どうしても財政的に苦しいから増税がいるのです。増税に議論に乗ってこない政党は、責任のある政党とは言えません。増税の議論をしなければ、責任ある政治とは言えません」というような言い方をしています。こういう詭弁に騙されてはなりません。

国として経済政策を間違ったなら、はっきりと反省しなさい。私は、そう思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toth.blog86.fc2.com/tb.php/180-454f70de

 BLOG TOP 

プロフィール

パラジウムの錬金術師

Author:パラジウムの錬金術師
(^-^)v
このブログは個人ブログです。

幸福の科学とは直接関係がありません。

FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード