女優吉沢京子さんのブログが話題、現代人は天の警告を忘れている

前兆はなかったと報道されているが、現代人は天の警告を忘れているのではないか。

おっ、神の警告ではなくて、「広島大水害と御嶽山噴火に天意はあるか」に駆け込んでください。

転載:

http://ameblo.jp/yoshizawakyoko/entry-11931002695.html

img[5]


何かの合図のように思えてなりません


自然に畏敬を込めて


穏やかに!穏やかに!願います




2014-10-05-1[1]

広島の土石流。御嶽山の噴火。これらの自然災害の原因はルーズベルトやフビライハーンなどの魔王である。
ルーズベルトは、まだ地獄に堕ちていない。しかし、世界の歴史認識が転換すると、彼は地獄に堕ちることになっている。
だから、ルーズベルトは日本の歴史戦争を妨害しようとしている。

日本は、正しい歴史を、世界に発信する戦いを継続することが急務である。
スポンサーサイト

太陽が見える丘

やっと、太陽が見える丘を見つけた。

それは丘と言うより、そびえ立つ大きな山だった。

山の頂上は、月が出ていないのに、明るく輝いていた。


僕は、険しい山だとはわかっていたが、無我夢中で昇り始めた。


疲れなど忘れたように。



ようやく、山頂にたどり着き、太陽を始めて見た。

大きな、おおきな、明るく、あかるい、輝いた存在だった。


そして、ある人に再会した。

「この太陽は、あらゆるものを照らし続け、あらゆるものの命を与え続けている。

実は、あなたの中にも、同じ輝きを持った小さな太陽があるのだ。自分の中にあるから見えないだけだ。

いや、実は私にも、あの暗い闇の森にいた人も、山川草木すべてにも、小さな太陽が宿っているのが真実なのだ」。

ある日と

ある人が、僕のもとにやってきた。

僕は、なぜ、この薄暗い世界でも、光るのか?と聞いた。

「それは太陽が月を照らしているから」だと教えてくれた。

でも僕は、太陽を見たことはない。


さらに、この暗い闇の森を抜けたら、

太陽が見える丘があることを教えてくれた。


僕は、この暗い闇の森を抜け出すべく、歩き始めた。

暗い、悲しい、寂しい。長い、耐え切れない、涙が流れる世界。


でも、僕は、この暗い闇の森を抜け出す決意をしたんだ。

モノクロの世界

生まれる前、暗いくらい世界に閉じ込められる。

暗い、悲しい、寂しい。長い、耐え切れない、涙が流れる世界。

ここは何処?この生い茂っているものは?自分は誰?わからない?


これはモノクロ世界。色の消えた世界。


僕はモノクロの世界から生まれた。


これは何?どう使うの?

どうしてもうまくいかない。何もする気がおきない。


気が付くと、周りにも、同じような人がいる。

まわりから、助けを求められても、応えられない。



でも、月明かりが流れ込んで、周りにあるもののを光らせている。

そう白っぽいものは、うっすらと浮かび上がらせる。

なぜ、この薄暗い世界でも、光るのか?

その秘密を知りたい。

 BLOG TOP 

プロフィール

パラジウムの錬金術師

Author:パラジウムの錬金術師
(^-^)v
このブログは個人ブログです。

幸福の科学とは直接関係がありません。

FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード