頑張れ!フジテレビ報道部!産経新聞!「フジテレビ内部者からの告発」

>ホリエモン買収対応で、ソフトバンク系SBIに助けてもらったので、朝鮮系グループが 経営側でチカラを出してきましたが、

これが、フジが韓流に染まった原因です。

孫氏は、菅をだまして、コストの高い太陽光発電の電力を、税金でまかなおうとしている。

血税を、ソフトバンクに流してはいけない。


個人的には、少女時代やKARAは好きだが、

日本のメディアは、国益にかなう報道をしなければ、日本に存在する意味がない。


頑張れ!フジテレビ報道部!産経新聞!


http://www.twitlonger.com/show/c1dqum

フジテレビ内部者からの告発

フジテレビは内部で戦っています。
ホリエモン買収対応で、ソフトバンク系SBIに助けてもらったので、朝鮮系グループが 経営側でチカラを出してきましたが、報道部はサンケイ新聞とともに、朝鮮系グループに喧嘩を売って戦ってます

どうかみなさんの応援で助けて下さい。
朝鮮系グループのしつこさとえげつなさには、正攻法では戦えないです。

テレビ側が言うのはおかしですが、ネットで話を盛り上げて助けて下さい。
盛り上がれば多くの芸能時の人の耳にも入り、さらに話が大きくなると思います。

日本のメディアは瀕死状態です。 助けて下さい。行動を起こして下さい。

応援お願いします。

http://tl.gd/c1dqum · Reply
Report post (?)

スポンサーサイト

核兵器は必要か?

転載:

http://xavierja7.blog.fc2.com/blog-entry-93.html


毎年8月になると左翼勢力が元気になり、活発に活動を展開する。6日と9日の原爆記念日、15日の終戦記念日には、ここぞとばかりに平和運動と称して、いまだに過去の戦争を激しく糾弾し、反日運動が繰り広げられる。



核兵器を落としたのは、アメリカであるにもかかわらず、まるで日本軍が落としたかのようにヒステリックに核兵器の根絶を訴える。もちろん、世界中の核兵器が一気に根絶されるなら、それは理想的であり誰も反対はしない。しかし、核兵器を保有する国家が9カ国におよび、また開発を進めている国もいくつかある。どの国もその必要性を感じており、現時点で廃絶するなどあり得ない。中国は日本の主要都市に数十発の核ミサイルの照準を合わせている。北朝鮮も数発の核兵器を所有しており、日本にとっては脅威となっている。北朝鮮はまともな国ではなく、追い詰められたら「国が滅びてもいい」と考え、核を落とすことも十分にあり得ることである。



核兵器は、絶対に使ってはならない兵器であり、抑止力として絶大な力を発揮しているのが現状である。実際に使われたのは、広島と長崎だけであり、アメリカが北朝鮮に手を出せないのは、たとえ数発であっても、核兵器を持っているからである。こうした事実を冷静に考え、いざという時の対処を考えるのが政府の役割、政治家の使命である。国民の生命、安全、財産を守るのが基本中の基本である。しかし、左翼民主党は何も考えていない。ただ感情的に、反核、絶対平和主義などと子供じみた考えしか持っていない。自民党の中にも同じ考えを持つ者は多い。



今後、アメリカは財政赤字もあり軍備縮小傾向が進み、確実に日本から引いていくに違いない。そして中国が圧倒的な軍事力で日本を襲ってくることは、目に見えている。今、脱原発ですべての原発が停止する方向に向かっている。これは、エネルギー政策だけの問題ではなく、核兵器を持つ国への抑止力を放棄しようとする行為でもある。原発が動いている限り、核燃料の廃棄物として出されるプルトニウムから核兵器を製造することができるからだ。日本が原発を止めて喜ぶのは、中国、北朝鮮であることを知らなければならない。



今の状態で、もし中国や北朝鮮が「核で日本を攻撃する」と宣言した時に、アメリカが核で反撃することはあり得ないため、即降参ということになる可能性が高い。そうした場合に、「実はうちにもあるんですよ」と言えば、それで終わりである。アメリカが日本から引いていくことを考え、核兵器を製造するか、もしくは、すぐにでも製造する準備が出来ているということを思わせるだけで、核戦争への抑止力が大いに発揮される。ただ感情的に核兵器反対とだけ叫ぶのは、日本が滅んでもかまわないという主張にも等しい。無責任極まりない。



核兵器反対、軍備増強反対運動は、子供が、「注射は絶対に反対だ」と叫んでいるようなものである。注射をしなくて済むならそれに越したことはないが、一時の痛みはあっても、注射は絶大な効果を発揮し、医療には無くてはならないものである。子供は目先のことしか考えないものだ。しかし、今の政治家も国民も多くは感情だけで考え、まるで子供のようである。特に、政治家がそういう状態であることは絶対に許されないことである。【了】


転載:リバティニュースクリップ 8/19

◆健康に問題ないレベルでも、甲状腺被曝の不安あおるメディア
http://www.the-liberty.com/article.php?item_id=2646

朝日新聞が18日付1面で「甲状腺被曝 子どもの45%」と大々的に報じている。
この記事によると、原発事故後すぐの3月24~30日、福島県いわき市と川俣町、飯舘村で0~15歳1080人を対象に実施した甲状腺の内部被曝検査で、全員が毎時0.1マイクロシーベルト以下だった。55%は測定値がゼロ。0.01マイクロシーベルトが26%。0.02マイクロシーベルトが11%。最高が0.10マイクロシーベルトだったという。

これを受けた2面の記事では、検査を受けた親の「0.01マイクロシーベルトの健康への影響がわからなかった。失望した」という声を紹介しているが、この記事自体、健康への影響がどのくらいなのか、まったく分からない。

専門家によると、このレベルの甲状腺被曝は、チェルノブイリ原発事故で被曝した子供たちの1000分の1程度の線量だという。チェルノブイリ事故では世界保健機関(WHO)の2002年時点の調査で計約4800人の甲状腺がんが発生し、15人が死亡したことが明らかになっている。
福島原発事故直後の3月末の時点で、かつ、最も汚染度の高かった地域で0.10マイクロシーベルト以下の甲状腺被曝であるならば、この地域の子供たちから甲状腺がんは発生しない、というのが専門家の見方だ。

2面記事の見出しは「子の被曝 尽きぬ不安」だ。無用な不安を取り除くのがメディアの役割のはずだ。(織)


宮迫UFOゾッとする話

日本はUFO閉鎖社会。8分45秒以降

中国新幹線、朝日と日経の報道の違い



転載:

http://xavierja7.blog.fc2.com/

2011-08-02

朝日新聞の偏向報道

朝日新聞が非常に左翼的であり、戦後の自虐史観に基づいて、反日報道が非常に強いことは、知る人ぞ知る周知の事実である。しかし、恐ろしいことに800万もの発行部数をもち、多くの国民に反日感情を植えつけている。かつて「従軍慰安婦」や「南京大虐殺」問題で大キャンペーンを展開したことは有名である。どちらも事実ではなく、中国や韓国の捏造であったことは明らかになっている。また、首相の靖国参拝問題、歴史教科書問題などには、常に激しい論調で騒ぎまくる。まさに反日新聞である。



先日発生した、中国の高速鉄道の事故に関して、31日付けの朝日新聞に「中国高速鉄道、ほぼ満席。絶えぬ“速さ”を求める人たち」と題した記事が掲載された。「事故原因の究明を待たずに運行再開したことに批判が出たが、この日の客席は満席。安全優先を訴える切実な声がある一方で、“高速”を求める人々は絶えない」として、満席の車内の写真も添えられている。



それに対し、日本経済新聞は30日付けの記事で「空席率8~9割。急速に鉄道離れ」と題する記事を掲載した。「6月末に開業したばかりの北京までを結ぶ最新型の高速鉄道の乗客はまばらだった。30日から1週間の予約状況は、空席率が8~9割にのぼり、開業直後の熱狂は薄れた」



朝日と日経では、真逆の内容である。どちらが正しいのか、調べる手立てはないが、どう考えても、日経の記事のほうが信憑性は高い。朝日が捏造記事を掲載したという証拠はないので、断定はできないが、朝日新聞が非常に中国寄りであり、中国を批判する記事はめったにないことから考えると、今回の記事も非常に怪しい。ちなみに、これも知る人ぞ知る事実であるが、在日朝鮮人(韓国人)が犯罪を犯した場合、朝日新聞だけが必ず日本名で報道し、本名を隠す。先日、風営法違反で逮捕された、「デリヘル王」こと、金昌宏容疑者も、朝日新聞だけは中村昌宏と日本名を掲載している。



政治学者である深田匠氏の著書「日本人が知らない『二つのアメリカ』の世界戦略」によると、平成11年の統計であるが、主要全国新聞社の中で、共産党員として判明した人数は、第一位が朝日で212名、二位が毎日151名、三位が日経131名、四位が読売11名、最下位が産経の2名であったらしい。つまり、朝日や毎日は、共産党員が作っている「赤旗」と変わらないというのが実情らしい。恐るべき事実である。



マスコミの使命は、公平な報道にあるべきであるが、実情は偏向もはなはだしい。週刊誌が捏造記事に溢れているというのは、読者もかなり感じているが、全国紙も週刊誌と変わらないということである。全国紙だからといって鵜呑みに信じてはいけない。【了】


 BLOG TOP 

プロフィール

パラジウムの錬金術師

Author:パラジウムの錬金術師
(^-^)v
このブログは個人ブログです。

幸福の科学とは直接関係がありません。

FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード