スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西郷隆盛の霊言(転記)

ブログで紹介している方がいます。これは精舎で聞けます。
西郷隆盛の霊言を、日本人は魂で受け止めよ。
http://amamikyo.amamin.jp/e6593.html

西郷隆盛さんとの対話、拝聴してきました。
特にショックだった部分、印象に残った部分だけ、
メモから抜粋します。全部で2時間ほどのお話でした。
とてもすべてはメモをとれないため、
一部分だけの抜粋メモです。全体は支部精舎でじかに
ご拝聴ください。


この国は一度つぶれるな。そして反省せねばなるまい。
地の底までいったん落ちるだろう。
そこから這い上がってこなければならない。
あなたがたは、そのための縄ばしごである。
奈落の底より国家を再生せよ。
この国の国民は政治を見せ物にしている。
闘牛場のように思っている。国民にも反省を迫らねばなるまい。
各自に投票権が与えられるまで、どれだけの先人が苦労したか。
投票権というその尊い権利をサーカスのように使っている。

去年あなた方が声をしぼってこの国のあるべき姿を訴えたにも
かかわらず、耳を傾けなかった者たちについて、我々は必ず反省を
迫るつもりである。正義が実現しない国は許さない。
よいかな。考え違いをしないように。
必要なのは改革ではない。国づくり。改革なんかではどうにもならない。
国づくりをしなければいけないまっこと情けなか。
ほんに、草食系男子と言われておめおめと
生きておるのが、まっこと情けなか。

女も守れんか。女に守られて生きておるか、まこと恥ずかしい。
それもこれも戦争を回避することだけが、平和で正義であるという
教育からきておるんだろうけれども、教科書のあり方から
考え直したほうがいい。

英雄の活躍を今の教科書は教えていないが、男子たるもの、
すべからく英雄たるべし。
まっこと情けなき次第で、国力の低下もここにきわまれり。
平和ぼけして男が男でなくなっている。
そのために他国に侵略の危機が来ても何ら反論せず、
反論するものをあざわらう国論ができている。

当面は中国との覇権戦争だと思う。今のままだとワンサイドゲームに
なって、あなた方はただ逃げまどうだけ。
時の政権はどのようにしてこの国を守るか、まったく考えていない。

中国の国家主席が首相を決めるようになる。
そういう国にしないために、我々は近代日本をつくったのに。
中国や朝鮮から、かつてのカルマの刈り取りを強要される。
それはひとえに国の政策判断の間違いによって起きる。

米国との同盟が切れる恐れが出てきている。
民主党が続けば決裂する可能性は高い。次の覇権は中国が握る。
次はインド。それまでまだ40年以上時間がかかるので、
それまで20年間は中国の支配がアジアに及ぶ。

中国の属領となると、具体的にどのような未来が待っているか。
日本語の廃止。北京語が日本の公用語となっている。
統治は韓国に任される。韓国に日本を統一させ、第2外国語は韓国。
日本語を使ったら刑務所行き。

日本からはありったけの富が回収され、私有財産は没収される。
その分を、中国辺境部の開発、南北統合に使う。
今の台湾のような位置づけになる。今戦わなければ、そういう時代が
20年は続く。
幸福の科学が今インド伝道に力を入れているのは、中国の次に
覇権を握る国だから。
国をとられた時に国民が行くところがない。受け入れ先がない。
日本難民の受け入れ先として、大川総裁はインドを考えている。

日本語が廃止されると同時に起こることは、知識人の粛正。
幸福の科学も、あなた(質問者)ぐらいの知的レベルの人間は、
粛正(処刑)対象になる。
知識人の処刑までやらなければ日本の支配は不可能。
どうでもいい人間が残される。

民主党の中に、国を売る人間が出てくる。
いったん中国の植民地になると、解放まで20年かかる
負けたくなければ国を根本的に変えること。
同盟国である米国は半分逃げ腰。
半分中国より、天秤をかけている。見捨てるかもしれない。

米国に見捨てられたあとどうなるか、鳩山は考えていない。
インドは万一の時に逃れる場所として(私は)考えているが
できればロシアも候補に入れたい。
北方領土なんかもうどうでもいいから、いざというときは
ロシアも味方になってくれるように、
米国をのがさないように、しっかりとつなぎとめなければだめ。

日本を占領するのは中国以外にありません。
洗脳され、奴隷にされます。
モンゴルやチベットと同じ。台湾の次は間違いなく日本である。
生活レベルは、日本人の生活レベルが中国人の平均より高い
ということは許されなくなる。
私有財産は没収、破壊。これが共産主義である。

いくらあなた方が声高にいっても聞く耳持たないだろう。
没落の兆候が出てくるまで、危機意識がわいてこないだろう。
あなた方はとにかく未来の設計図を出して、
こういう国に切り替えていかなければいけないということを訴えよ。

落選しても落選しても訴えかけていれば、国論もじわじわと変わる。
マスコミも持論があって言っているわけではないので、
さすがにこれは本気だということがわかってくる。

3回ぐらいは死骸の山を築く。
落選して宣伝になるはずないので、教団の宣伝のためでないことが
わかってくる。
東洋のギリシャとして脱皮することが守りになる。
国民を甘やかすのは、この辺でやめさせねばならない。
スポンサーサイト

エル・ランティは存在しない

今年2010年「幸福の科学」は、新たな霊言集の時代に入りました。

御法話を聞かれたい方は、入会して、精舎に行ってください。




「ゼウスの霊言」より、一部転記紹介。



質問

エル・ランティという霊存在は本当に存在するのですか?


回答

私、ゼウスはそんな名前の霊は知りません。

高橋信次が生前混乱し、自分が釈迦だとか宇宙人だとか錯乱しはじめて、何か弟子に自分を偉く表現したくて、

でたらめなエル・ランティなどという存在しない霊をでっち上げて言いふらしたのが諸悪の根源であろう。

9次元にエンリルはいます。しかし、エル・ランティなどという霊は存在しない。

当時、エア(アヌ?)という天空神の息子としてエンリルが生まれました。

事もあろうにエンリルは、父であるエアと呼ばれていたエル・カンターレより

自分の方が最高神であると言い出したのです。

 BLOG TOP 

プロフィール

パラジウムの錬金術師

Author:パラジウムの錬金術師
(^-^)v
このブログは個人ブログです。

幸福の科学とは直接関係がありません。

FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。