スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「『分福』『植福』の姿勢が必要」

images[3]

自分が幸福の種を両手いっぱいに持ったならば、

その一部を他の人にお裾分けしてあげることです。

そういう「分福」の姿勢が必要であろうと思います。

『幸福の道標』第一部第2章

スポンサーサイト

「つるのうた」

歩いて帰ろう

作詩・作曲:斉藤和義  歌:斉藤和義


「希望実現をさわやかに受けよ」

希望実現の折には、それを非常にさわやかな

さばさばした心で受けるということです。

その希望がじつげんしたときには「神仏よ、ありがとうございました。

守護・指導霊よ、まことにありがとうございました。

私はこの結果に驕ることなく、さらに精進を続けてまいります。

今後ともよきお導きをください」といった、

さわやかな受け取り方が大事です。

『発展思考』第二章

images[2]

「NHKは猛省を」

“JAPANデビュー”問題と日台関係

最近NHKは叩かれていますね。

やはり、NHKが反日教育してはいけません。

台湾人の生の声を聞くべきです。

それにしても日本語上手ですね。


「菩薩界の視点に立て」

images[2]

みんさんの立っている地点を、この三次元にしてはなりません。

七次元の菩薩界に自分の視点を築いて、

やるべきことはいったい何であるか、

なすべき仕事は何であるか、

理想的な社会はいったい何であるかを、心に問うてください。

『発展思考』第八章

「今まで知らなかった谷元投手」

images[3]

166センチのプロ野球投手で、

MAX150kmを投げる谷元圭介選手の存在を今まで知りませんでした。

これからも活躍して、小さな体でもやればできると証明してください。

プロ初勝利おめでとうございます。

166センチ日本ハム谷元、プロ初勝利
<オープン戦:ヤクルト0-1日本ハム>◇20日◇神宮

 球界一の小兵右腕、日本ハムのルーキー谷元圭介(24=バイタルネット)が2回無失点でプロ初勝利を手にした。3番手でマウンドに上がり、2安打を許したが後続を抑えた。「2回とも先頭を出さずゼロに抑えられたのは良かったが、球が高かった」。スピード表示が出やすい球場ではあるが、球速は自己最速を更新する150キロを連発。それでも「150で満足しないで43、44キロでも低めに集めたい。イケイケドンドンではなく緩急も使っていきたい」と課題を口にしていた。

2009年3月21日11時23分

【日本ハム】谷元ルーキー最速で初勝利
<西武4-5日本ハム>◇18日◇西武ドーム

 日本ハム谷元圭介投手(24=バイタルネット)が、12球団のルーキー最速でプロ初勝利をマークした。2番手で6回途中から登板し、2回無失点。味方が逆転勝ちを収め、初勝利が転がり込んだ。166センチの球界最小兵投手は「ゲームセットの瞬間、ホッとしました。今日は甘い球を打たれたので、次回はきっちり仕事をしたい」と振り返っていた。

 [2009年4月18日19時48分]

「大観衆の前で歌いたいとずっと思っていました。」

images[4]

名前はスーザン・ボイル。

もうすぐ48歳になります。

現在、求職中です。

今日はこの番組で、私の歌を披露します。

http://www.youtube.com/watch?v=vMVHlPeqTEg

『天 使 の 歌 声』

「太陽の法 第五章 黄金の時代」

images[8]

人間に転生輪廻があるように、人類全体として見た場合の文明にも、転生輪廻があります。

生と死があるということです。

つまり、地球文明は循環文明なのです。

ですから、「ひとつのおわりは、ひとつのはじまりである」と、

この言葉を、しっかりと知っていただきたいと思います。

私はこの『太陽の法』は、地球全体が、いったん闇の底に沈む時期がすぐそこまで来ているからこそ、

こうして、九次元、宇宙界からの啓示を受けつつ、書いているのです。

世界が闇に沈むとき、どこかに灯台の灯火が必要なのです。

どこかに仏法真理の光が必要なのです。

この『太陽の法』こそ、

昇りくる仏法真理の太陽であり、新しく拓けていく文明のための光なのです。

人類は、数十年の大混乱と、荒廃のなかから、

二十一世紀に、新たなる文明を切り拓いてゆくのです。

日本から東南アジアへ、インドネシアへ、さらに、オセアニアへとひろがってゆきます。

現存するいくつかの大陸はやがて海中に没しますが、

太平洋には、また新しきムー大陸が浮上して、一大文明圏となるのです。

images[1]


「ザ・メッセージ 大川隆法総裁 支部精舎説法(録画放送)」

ザ・メッセージ 大川隆法総裁 支部精舎説法(録画放送)

images[1]

番組のご案内

全国の支部・衛星布教所などで放送中!

放送時間帯:毎月 第2水曜日・第4木曜日
[1] 10:30~
[2] 11:00~
[3] 20:00~
[4] 20:30~

※各回、約15分間です。

【 4月23日(木)放送 】
「さわやかに生きる」(抜粋) 
(2007年9月20日 福岡中央支部精舎説法)


【 5月13日(水)放送 】
「朝の来ない夜はない」(抜粋) 
(2008年1月26日 横浜中央支部精舎説法)


【 5月28日(木)放送 】
「夢を持とう」(抜粋) 
(2008年7月15日 旭川支部精舎説法)


【 6月10日(水)放送 】
「創造的に生きよう」(抜粋) 
(2007年11月11日 京都中央支部精舎説法)


【 6月25日(木)放送 】
「たくましく生きよう」(抜粋) 
(2008年8月11日 長野支部精舎説法)


※放送ラインナップは変更になる場合がございます。

【お問い合わせ】
幸福の科学サービスセンター
TEL:03-5793-1727
(火~金:10時~20時/土日:10時~18時)
E-mail:webinfo@kofuku-no-kagaku.or.jp

◇お近くの「支部」を知りたい方は、こちらへ
http://www.kofuku-no-kagaku.or.jp/shibushoja/main/index.html

「意思の力と習慣の力で勉強と運動の両立を」

年を取りたくなければ、

定期的に体を鍛えることが大事ですが、

勉強と運動を両立させながら続けていくことは、大変な意志力を必要とします。

その意味で、これは「精神力を鍛える」ということにつながっていきます。

images[4]

「深いイイ話」

昨年、史上最年長42歳で通算200勝を達成した、ベテラン投手・中日ドラゴンズの山本昌投手。この功績が認められ、ドラゴンズのピッチャーとしては初となる、名球会入りも果たした。

しかし、実は山本投手、入団当時は4年間勝ち星がなく、一時は戦力外の対象になったこともある。山本「元々僕は、才能に恵まれていないんです」と、本人が言うほど。

それでも、地道な努力を続けた結果、プロ入り25年目にして、大偉業を成し遂げることが出来た。

そんな山本が、200勝投手になった、翌日の新聞で、“野球少年たち”に向けてメッセージを送った。

それは・・・

中学までやる人、高校までやる人、色々いるとは思うが、野球というものを馬鹿にしないで全力でやって欲しい。 たった一度の野球人生なんだから。 特別な才能の無い男からの野球少年への言葉です。

長嶋一茂氏曰く

「僕は、マサのように朝から走る才能がなく、朝からピザ食う才能しかなかったって(笑)。」

iihanasi.jpg

入団当時4年間勝ち星がなく、一時は戦力外の対象となった男の

腐ることなく、努力できる才能は、消えることのない光。


「信じるということは、この世とあの世の次元の壁を超えることである」

11.jpg

「信じるということは、この世とあの世の次元の壁を超えることである」ということです。

この世とあの世の次元の壁は、はっきりとあります。

普通の人は、その壁を超えられずにいます。

それを超えるのは、信じるという行為です。

信じるという行為を本当に手にするためには、次元の壁を超えなければならないのです。

次元の壁を超えることは苦しみを伴ないます。

忍耐を伴ないます。

そして、初めて、

この世にあって、この世ならざる人間になるのです。

images[1]

中国民主化への期待


「愛と直江兼続」

images[1]

愛染明王(あいぜんみょうおう)

images[3]

敬愛法の本尊であり愛欲を本体とする仏であるが、四魔(五陰魔・煩悩魔・死魔・天子魔)を破る武運の神でもある。レイに神憑(かみがか)り、訶梨帝と戦う。

名台詞
「無邪気こそ純粋な愛!! 純粋な愛に染まってこその母なのだ!! されば愛染の光なりッ!!」

naoeai01[1]

直江兼続(なおえかねつぐ)
(1560―1619)

naoe02[1]

戦国期~近世初頭の武将。越後(えちご)上田(うえだ)城主長尾政景(ながおまさかげ)の家士、樋口(ひぐち)氏の長男で、幼名与六。22歳のとき、上杉家の重臣で与板(よいた)城主直江氏の嗣子(しし)となる。23歳で山城守(やましろのかみ)を称し、越後の戦国大名上杉景勝(かげかつ)の執政として、検地総奉行(そうぶぎょう)、蔵入地(くらいりち)奉行のほか軍事面でも大きな手腕を振るった。1598年(慶長3)、上杉氏の会津移封の際は6万石(米沢(よねざわ)城主)の知行(ちぎょう)を与えられ、1601年(慶長6)、関ヶ原の戦いで減封となった米沢藩(30万石)上杉氏の執政としても藩政確立の総指揮にあたった。治政・軍事両面で知将として知られ、好学の武将として有名。漢詩を詠み、朝鮮出征を機に漢籍を収集し、直江版とよばれる出版事業をおこした。米沢には、学問所禅林寺を創建している。

「大川隆法総裁の書籍『知的青春のすすめ』発刊のお知らせ」

images[3]

自分磨く、夢をかなえる。

いよいよ21世紀版の『学問のすすめ』が発刊!!

4/23より全国書店にて発刊予定

著者による「青年との対話」集を、初の書籍化。

人生に成功するための“王道”を

Q&Aスタイルで、分かりやすく語り明かす。

1 ほんとうの「頭の良さ」を考える
2 「行動力」を身につけるための工夫
3 “自分”の価値を再発見するには
4 学生時代に読んでおきたい本
5 勉強や仕事に意義を見いだす
6 高学歴女性の生き方とは
7 知的青春へのヒント

「心に支配されることなく、心を支配せよ」

images[5]

「心に支配されることなく、心を支配せよ。

心を主とすることなく、心の主となるべし」、これが大事なのです。

どうか、

「敵は自分の内にあり」という言葉を、

常に肝に銘じておいていただきたいと思います。

『大悟の法』第一章

「テポドン2改良型ミサイル発射と憲法改正、防衛力強化」

北朝鮮が飛翔体を発射しました。

09.04.05「人生を生きる智慧―シンプルライフの勧め」湘南支部
http://www.mirai-utopia.org/proposals/879
でも掲載されています。

テポドン2同改良型とされるミサイルは、報道の断片を見ていても
20090406-104923-1-N[1]
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090406-OYT1T00142.htm
テポドン2(5000~6000km)ぐらいの射程は実現しているのでしょうね。

一応この日記をアップしたときの各種情報から判断して
5000~6000kmぐらい飛んだと予想しましたが、4/7日に2段目は切り離せてなかった
と防衛省の報道がありましたので、4000~5000Kmと予想を変えます。


4/8日付3200kmでした。以外に伸びなかった…

20090405-091934-1-N[1]

北のミサイル、日本の技術を転用か…万景峰号で不正輸出も
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090405-OYT1T00464.htm

PAC3は、射高15km、射程20kmぐらいなので、正直、日本全土は守れません。


今回の事から、「憲法改正」と「防衛力強化」の世論が盛り上がることが期待されます。


安倍内閣の頃は、憲法改正の機運がありましたが、
2008年3月は機運は下がり、2009年3月は機運が上がってきています。
20090403-057062-1-N[1]

憲法改正「賛成」51・6%、再び多数占める…読売世論調査
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090403-OYT1T00006.htm

今年の衆院選では、憲法論議がし易くなったと思います。

中曽根元首相、「各党は衆院選で憲法論議を」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090402/plc0904021905012-n1.htm


「憲法改正」に向けての動きですが、

「沖縄と共に『自立国家日本』を再建する草の根ネットワーク」の運動とか
http://jiritsukokka.com/
「憲法改正」の世論作りに有効であると思います。


「防衛力強化」に向けては、

北朝鮮が作り出す有事に対応するために、二例ですが、

イージス艦増強よりも、通常弾頭でよいから、巡航ミサイル及び弾道ミサイル付き潜水艦が配備される。

ヘリ空母「ひゅうが」超えて、航空母艦を買おうや建造しようという世論が形成される。


「憲法改正」や「防衛力強化」は一体で行わないと実行に手間をとります。

攻撃ミサイル付き潜水艦やイージス艦で、弾道ミサイルをブースト時に、破壊する方がいいからです。

「今秋映画化される仏陀再誕の携帯版が発刊」



4/8より全国書店にて発刊予定

今秋映画化される仏陀再誕の携帯版 が発刊されます!


es.jpg

■悟り、中道、布施の心、転生輪廻、そして衆生済度……全ての仏弟子が求め続けていた、「仏教の真髄」が詩編に凝縮
■平凡な日々の中で「悟りを体得する極意」とは
■現成の仏陀が明かす、現代社会における「政治・経済の真実」
■信仰とは。仏神とは。人間の根本に立ち返る、驚愕の「仏陀の悟り」ほか

「田母神俊雄第29代航空幕僚長」

この方は、世の中の話題になることにより、第29代航空幕僚長時代よりも、影響力があるのではないか。

images[6]

http://www.768.jp/ondemand/list/vod.php?vod_id=70

2008年10月31日、自身の論文にて集団的自衛権の行使を日本国憲法違反とする政府見解や1995年8月15日発表の村山談話と異なる主張を発表したことなどが問題視されたことを受け、航空幕僚長の職を解かれ航空幕僚監部付に。62歳定年の航空幕僚長たる空将(軍隊の大将相当)でなくなったことにより一般の将(同中将相当)と同様の60歳定年が適用され、11月3日を以て定年退官となった。

 BLOG TOP 

プロフィール

パラジウムの錬金術師

Author:パラジウムの錬金術師
(^-^)v
このブログは個人ブログです。

幸福の科学とは直接関係がありません。

FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。